Carbon Lattices

業界最先端のCarbonのデザインソフトウェアは、Carbon Design Engine™とアドバンスドラティス両方のツールを通じて、デザイナーやエンジニアに新製品をより早く、より良い性能で製造する機能を提供します。

革新的な製品のための新しいビルディングブロック

高解像度メタマテリアル

ラティスは材料をプログラム可能なビルディングブロックに変え、要求される特性を正確に実現できるようミリ単位で調整します。従来の発泡体やフィラーは物質全体で同じ特性を示しますが、ラティスは単一パーツ内で密度や形状を変化させ、異なるゾーンで異なる特性を実現することができます。
また、異なる方向の力に対して異なる反応をするような調整も可能です。


迅速な製品開発のための自動設計

Carbonのラティスデザインは、堅牢な設計ツールで概ね自動化されており、アイデアを出してから数時間で、実用的な機能性のあるラティス部品を手にすることができます。これらのツールを用いて、一度に多くの異なるアイデアをデザインしてプリントし、すぐにテストを開始して最適なソリューションを見つけることができます。


新しいデザイン言語

ラティスは射出成形や機械加工などの従来の製造技術では製造できません。ラティスを使用した製品はそのまま、異彩を放つものとなります。ラティスは品質へのこだわりと技術への前向きなアプローチを伝えます。

 


現場ニーズに対応したラティス

Carbonは企業が記録的な速さでアイデアを実現するのを手助けします。Carbon Design Engine™で生成された、そのままプリントして使用可能なラティスには幾つかのユニークな特徴があります。

コンフォーマル

Carbon Design Engine™で設計したラティス構造は、デザイン空間の端部や表面において構造の完全性を損なうことなくあらゆるカーブを埋めて、外形を完全にトレースします。これにより、従来のラティスソフトウェアでよくあるような、欠損構造を特定して修正する面倒な手作業を省くことが可能となります。

ラティスの種類

ラティスの種類は3次元構造、もしくはパターンによって決まります。材料のように各パターンにはラティス性能に影響を与える独自の特徴があります。Carbon Design Engine™にはデフォルトで5種類のラティスパターンが用意されています。

ゾーン

ゾーンとは、それぞれ単一種類のラティス種類、セルサイズ、支柱径で構成されるラティスの領域を指します。単一ゾーンで構成されるラティスは性能要求がそれほど厳しくない場合に最適です。
より要求の厳しい用途には、精密な機械的応答を実現するためにシームレスに調和した、複数ゾーンを有するラティスが必要となります。

逆デザイン

Design Engine™は、サドルからヘルメットまで様々なものの製造に利用されてきた、Carbon社内用の強力なアドバンスラティスデザインツールと同じカーネルを使用しています。
アドバンスラティス機能は、Carbonのアプリケーションエンジニアの社内デザインツールの一部としてのみ利用されています。この社内デザインツールには、エンジニアが部品の任意の位置に必要な機械的性能を指定すると、要求を満たすラティスが生成されるような「逆デザイン」が可能となっており、時間のかかる試行錯誤を避けています。

 

ラティスのイメージを現実に

シングルゾーンラティスを自分で作る

Carbon Design Engine™を利用して、単一のラティス種類、セルサイズ、支柱径で構成されるコンフォーマルで性能重視のラティスデザイン「シングルゾーンラティス」を生成することができます。
この堅牢で強力なツールにより、プロダクトチームはアイデアからわずか数時間で機能的なラティス部品を現場で試すことができます。Design Engine™は全てのCarbonプリンタのサブスクリプションに含まれています。
詳細はこちらから


シングルゾーンラティスの適用事例

Resolution MedicalはCarbon DLS™技術で3D造形したCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査用鼻咽頭スワブを週あたり最大100万個量産


 

アドバンスラティス技術の適用事例

Carbonアルゴリズムにより、単一製品の異なるラティス構造をシームレスにつなぎ、あるいは精確な機械的仕様を設定し、そのまま生産可能な高度なラティスを提供します。複雑なラティス作成にはCarbonのアプリケーションエンジニアのサポートが必要となりますので、下記までお問い合わせください。
お問い合せはこちら

Specialized | Carbon イノベーションのスピードを2倍に RiddellがCarbonと提携して世界初の3D造形フットボールヘルメットライナーを製造 FizikとCarbonが提携発表:デジタル造形自転車サドル「Adaptive」の製作

 



お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。