DLS™プロセスによる設計

DLS™プロセスによる設計を始める準備はできましたか。 以下の設計ガイドラインをご利用の上、DLS™による生産に適した部品の作成を開始しましょう。部品作成の準備ができたら、Carbon Production Networkパートナーと連携するか、Carbonの社内導入に関してお問い合わせください。すでにユーザーの方は、Carbon Design ProgramでDLS™を最大限に活用する方法をご覧ください。


DLS™デザインクイックガイド

Carbon DLS™によって金型成形性や機械切削性を気にすることなく、製品に最適な部品を設計できます。他の3Dプリンティングプロセスと同様に、DLS™にも特有のベストプラクティスがあります。以下のガイドラインに従って、最良の成果を得るようにしてください。
このデザインクイックガイドでは、部品の設計と評価を迅速に行うための複数ステップのワークフローを紹介しています。以下の手順に従って部品がDLS™プロセスに適しているかを判断し、修正が必要となりそうな設計要因を確認してください。

 


評価

部品がCarbon DLS™に適しているか判断するために、以下の基本的なガイドラインをご利用ください。

 


ビルドエンベロープ(ワークサイズ)

Carbon 3Dプリンタに該当部品はフィットしますか。効率的な生産を行うために、ワークサイズに複数の部品をどう並べたらよいか検討しましょう。


材料特性

部品にはどのような機械的特性が必要ですか。従来の熱可塑性プラスチックであればどの材料を使用しますか。

 



お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。