技術革新がドライブする3Dプリンタの社会実装

国際サプライチェーンの寸断リスクが高まる中、分散生産、オンデマンド生産、アジャイル化への対応が可能な3Dプリンタは、新規ソリューションとしてのデジタル製造技術候補の一つとして注目が高まりつつあります。

本ウェビナーでは、Carbonを含む3Dプリンタの最終部品・製品への最新適用事例をご紹介しつつ、3Dプリンタが社会で果たしていく役割について解説いたします。

 



お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。